ケーススタディ【人材育成プラン】

ホテルに必用なスキル3大要素ホテルにはハードウェア(建物、設備等)、ソフトウェア(サービス等)、ヒューマンウェア(スタッフの意識)の3側面があります。一流のホテルはその何れもが、最高のレベルでバランスをとっており、その維持とレベルアップが求められています。

この3つの側面はどれも重要であり、1つとして軽視は出来ないものですが、最も時間のかかるのがヒューマンウェアです。

従業員満足度=顧客満足度を確立するためにはヒューマンウエアの確立に対応した人事・教育システム制度の存在が大きいとされています。

人材確保・育成は能力開発、各種研修を実施する事だけでは実現出来ません。

社員1人1人が自己実現を目指し、会社に誇りを持ち、働きがい、生きがい、やりがいのある制度環境・職場環境が必要です。

人材は”人財”と考え従業員満足=顧客満足を人事のコンセプトとし モチベーションの強化、促進を図る事が生産性の向上、適正利益の拡大という図式を具現化します。その為には有機的に連動し補完しあうトータル的な人事システムの構築が重要です。

トータル的な人事システム

1.経営理念・ビジョン実現を追求するサポートシステム

経営理念、ビジョン、コンセプトを基に策定される経営目標・計画の実現をサポートすべく人事・教育制度面からのシステム構築を行います。
具体的には、目標が各部門、各人にブレークダウンされ社員の意識行動に結びつく仕組みを盛り込みます。

2.ソフトウエアーの追求

社会的価値観の変化、個人志向の変化等の中でも常に変化に耐え得る最高水準の機能、サービス、食を提供し続ける為のブラッシュアップを教育・研修面から進めます。

3.社員の能力開発を促進し役割と業績貢献に対応した処遇の実現

お客様の満足、地域・社会への貢献、ホテルの発展は、社員が成長、 豊かさ、生き甲斐、やりがい、誇りを感じられる会社である事がベースとなる。
社員の能力を開発を支援し、仕事を通して自己実現(夢)を可能にするシステムを構築すると共に、果たしている役割と業績を適正に評価し、公正な処遇に結びつけるシステムを構築します。

当社が考える基本的施策例

TOPへ

Copyrights (C) 2005.
Symic Hotel and Resort. All rights reserved.

ケース紹介