ケーススタディ

リピーターの強化策にはまず、“なぜリピーターが少ないのか”その正確な理由を突き止めることが必要となります。その調査を行った上で、サービスに問題があるならば、サービス向上の企画を。宣伝・集客の手法に問題があるならば、そのマーケッティング対策を提案いたします。

リピーターを増やす上で重要なことは、「一段上のサービスと商品を売ること」。それはどのように考えれば良いのでしょうか。当社では、サービス向上の企画を以下のように考えます。

サービスに問題がある場合

『一段上のサービスと商品を売ること』

一般的に言われるCS(顧客満足)の考え方は、顧客の嗜好や要望に見合った商品を提供することです。ホテル業界では、一般的なCSに加え、顧客に夢を見させ、背伸びをさせることこそCSであると考えることが重要になります。

顧客満足グラフ

しかし顧客のターゲット属性によって、満足度の指標は異なります。

  • ヨーロッパ調の高級感を求める層
  • アジア的なリラクゼーションを求める層
  • 食に対して満足度を求める層
  • スパ、エステなどに対して満足度を求める層
  • ビジネスユースにおける使い勝手を求める層

それぞれの層の中で、どのような手法でのサービス・商品のランクアップが適切であるのか、そこを確実に調査し、明確にコンセプト化し、確実に成果評価することが当社のコンサルティングです。

集客・問題等に問題がある場合

また、集客・宣伝等に問題がる場合には、
下記のようなマーケッティングプランをご提案させていただきます。

ホテル業のマーケッテイングは、下記要素が重要になります。

1.広報 情報発信(ニュースリリース、取材対応、パブリシティ)
2.広告 情報発信(雑誌、新聞、TV、CM、広告等)
3.販売促進 販売・営業ツール、企画、販売チャンネルの構築
4.営業 セールス活動
5.運営 接客&生産実務
6.顧客管理 顧客情報管理、活用システム

個々のマーケッテイング活動がこの流れで確実に実行されることで効果が発揮されます。

TOPへ

Copyrights (C) 2005.
Symic Hotel and Resort. All rights reserved.

ケース紹介