業務フロー

お問い合わせをいただきましたお客様には、次の手順でコンサルティング、オペレーションを実施いたします。

1.ヒアリング

ホテルの経営状況、運営状況、問題点などをお聞かせいただきます。それに基き、現状視察、管理監督職や従業員の方々とのヒアリングも実施させていただきます。守秘義務契約を結び、経営資料の閲覧をさせていただきます。

ヒアリング及び実態調査は、次の視点に立って行います。
経営目標との乖離
顧客の視点
財務の視点
人材と変革の視点
業務プロセス

2.ご提案

ヒアリング及び実態調査の結果に基づいた改善プラン・お見積をご提案いたします。当社のプランは、上記の視点に立った調査分析に基づく運営・改善計画となっています。

【運営・改善計画】
経営計画の再構築
ホテル機能・商品力の向上
集客(売上達成)と顧客満足の最適化
キャツシュフロー経営の徹底
その他要望事項の改善策
早期事業収支の黒字化
スタッフの資質向上
知名度・ブランド力の向上
ホテル資産価値・企業価値の向上

3.実施

1.顧客の視点において「顧客満足最適化」を行います。

その実施手法において重要になるのが、“誰にでも判る「コンセプトの明確化」”“実行可能な「オペレーションシステムの構築」”です。

誰にでも判る「コンセプトの明確化」
ホテルの役割
集客及び客層戦略の明確化
運営コンセプトの明確化
実行可能な「オペレーションシステムの構築」
組織及び指示命令系統の明確化
業務マニュアル&品質管理システムの構築
モチベーションマネージメントの導入
心・技・体によるトレーニングシステムの構築
2.財務の視点において、適切なマーケティングを実施します。

財務の視点においては、先ず営業粗利益(GOP)確保を目的とした経費の見直しを徹底いたします。所謂ムダ・ムラ・ムリの徹底排除と経費の変動費化を行います。調査の結果により、必要とするものには大胆に経費増など適切な提案をいたします。

3.どのようにホテルの知名度を上げ集客するかを、マーケッティング・ブランディングの両側面から考えます。
  • マーケッテイングビークルの徹底
    (広報・広告・販促・営業・顧客管理)
  • ブランドマネージメントの導入

顧客満足度の向上→リピーターの創造→経営の安定

4.人材と変革の視点および業務プロセスにおいては、CS(顧客満足)・ES(従業員満足)・経営者の満足の最適化を図る為、次の「運用オペレーション」を構築します。
【運用オペレーション】
基本理念の構築
MIS(システム)
CRM(顧客管理マネージメント)
人材育成プログラム
マーケティング戦略
施設マネージメント
部門別オペレーションシステム
意志決定プロセスの構築
RCS(レザベーションセンター)
人事システム
会計システム=部門別・商品別会計
サービス・品質管理
購買システム
その他要望事項

4.成果検証

私達は今までのコンサルティング会社と違い、コンサルタント業務だけにとどまりません。オーナー、株主・従業員・お客様の視点にたち三位一体の満足度を追求し、成果責任・成果評価を追及します。

契約・実施時から毎月改善計画の進捗情況報告をいたします。
合わせて、一定期間経過後に、改善程度をモニター調査やインスペクションで測り、評価いただきます。経営・財務提案は、月々の財務諸表により評価いただきます。

5.費用についての基本的な考え方

ヒアリング、実態調査及び提案段階では、当社スタッフの人件費と交通費、宿泊費等実費のみです。委託料や指導料はボリューム・期間などにより異なりますので、提案段階に見積提案いたします。基本的には月々の固定経費と成果報酬の組み合わせとなります。

TOPへ

Copyrights (C) 2005.
Symic Hotel and Resort. All rights reserved.

トピックス

経営改善策の具体事例を紹介いたします。

診断チャートで具体的な改善策を導きます。